<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

300円ウォッチ

f0019805_17555191.jpg吉祥寺ロンロン地下の3COINSでおもわず買ってしまったのが、写真の腕時計です。

店名の通り、300円均一店舗なので、当然300円でした。
でも、期待以上の代物です。

購入した何よりのポイントは、ストップウォッチ機能と、ライト機能です。
これは、夜間のジョギング時に最適の機能なのです。

これまでは、携帯で音楽を聴きながら、たまに携帯をポケットから取り出してタイムを見ていたのですが、ちょっと面倒ですし、正確な時間は残念ながら測れません。

この時計があれば、ジョグのペース配分を考えるのに便利なのです。
唯一の難点は、電池交換ができないこと…。

電池がなくなったらまた買ってということですね…。
[PR]
by omatto | 2009-05-22 17:55 | 生活 | Comments(0)

蜥蜴呑む蛇

f0019805_21464492.jpg先日朝のジョギング中に、吉祥寺の南町のお屋敷通りを走っていると、ある家の前に蛇がいるのが目に入りました。

だけどなんか少し様子がおかしいなと思って良く見ると、何とお食事中でした。

トカゲ(もしかしたらヤモリかも)をしっかりととぐろを巻いて取り押さえ、頭から呑みこんでいる最中です。

トカゲ君には気の毒ですが、食物連鎖のつながりというものを改めて実感した朝でした。
南無・・・。
[PR]
by omatto | 2009-05-20 21:46 | 生活 | Comments(0)

井の頭狸庵

f0019805_1754506.jpg現在、井の頭自然文化園でやっている特設展示はけっこう面白いです。

タヌキをテーマにした特設展示で、昔話や童謡でおなじみのタヌキの姿、生態は実際はどんなものなのかを詳細に研究しています。

信楽焼のタヌキがいかにキャラクタライズされた姿であるか。
昔はタヌキ、ムジナ、アナグマ、キツネなどの区別があいまいで、皆タヌキと呼ばれていたことなどなど…。


f0019805_175594.jpgしかも驚きなのが、吉祥寺近辺にもまだタヌキが住んでいる所がけっこう残っていることです。

まさか、こんな所にという場所にタヌキの目撃談があったりして。普段何気なく歩いている風景も、少し気をつけてみれば、珍しい動物に会えるのかもしれませんね。
[PR]
by omatto | 2009-05-18 17:54 | 吉祥寺 | Comments(0)

カルガモの親子

f0019805_17142747.jpg井の頭自然文化園本園の熱帯鳥温室の前の池です。

愛らしいヒナが16羽。母ガモの後を必死になって泳いでいます。

ヒナたちを見つけた腕白ざかりの子供たちが、捕まえようと池に向かって手を伸ばすと、威嚇のためか、母ガモがバサバサと羽を広げて、水をかけてきます。
その度に子供たちは、歓声を上げて尻もちをついていました。

動物ながら、母の愛は強いようです。
カラスなどにやられないといいのですが…。
[PR]
by omatto | 2009-05-16 17:21 | おでかけ | Comments(0)

テラスのまことちゃん

f0019805_21254352.jpg久しぶりに井の頭公園に行きがてら、U様邸の前を通ったら、2階の窓の外に彼がいました。

建物を建てる際には、周辺住民の方々とかなり揉めたようですが、ここまで大胆な人形を設置できたところを見ると、和解が成立したんですかね?

でも、まことちゃんならまだ明るいキャラなので良かったです。
これがおろちだったりしたら、ちょっと怖いですからね…。

徐々にバージョンアップしていく予定なんですかねぇ。U様邸。
[PR]
by omatto | 2009-05-15 21:31 | 吉祥寺 | Comments(0)

やさい食堂七福

f0019805_20432434.jpg先日久しぶりに外食する機会があったので、以前から行ってみたかった「七福」にランチに行ってきました。

やさい食堂と名乗るだけあって、本当に野菜たっぷり。武蔵野市の近隣農園で栽培したものを極力使うようにしているそうです。

ランチタイムの定食は、別名TFT(Table For Two)メニューだそうです。1食を2人で分けるという意味で、お食事代の20円が開発途上国の学校給食として寄付されています。

海外の子供たちが給食を食べている姿を、思い浮かべながら食べる定食もまた味わい深いものかもしれません。

写真は、七福どんぶり(850円・大盛り100円増し)です。季節の緑黄色野菜と、牛肉をやさしい味付けで炒め、ご飯に載せています。白髪ネギもたっぷり!
味噌汁と小鉢(この日はカボチャ)、お新香が付いています。

この建物はもともとは、武蔵野福祉作業所だったそうで、床や柱などはそのまま使っているそうです。従業員の方も障害を持っている人と健常者が一緒に働いています。

武蔵野市の中央図書館向かいなので、本を読むためのカフェとして利用してもいいかもしれません。各座席もゆったりと幅をとってあり、落ち着きます。
[PR]
by omatto | 2009-05-11 20:43 | 美味しいもの | Comments(0)