山利屋のほうじ茶

f0019805_2036247.jpg吉祥寺のダイヤ街を歩いていると、プ~ンと香ばしいお茶の香りが漂ってくる一角があります。
お茶と海苔のお店「山利屋」さんからです。

緑茶とはまた一味違ったほうじ茶独特の香りが好きで、家でも飲んでいます。
ほうじ茶は、茶葉を高温で炒ることで、茶葉の中のカフェインが飛ばされ、優しい味わいのお茶になるそうです。
だから、お年寄りから赤ちゃんまで飲めるお茶としてオススメなのだそうです。

ちなみにお茶屋さんで、なぜ海苔も扱っているところが多いかというと、お茶と海苔というのは、保存方法やほぼ一緒で、扱い方が似ているからとのことです。

また、お茶と海苔の旬がちょうどずれているので、1年を通しての売上げにも安定性が見込めるからということらしいです。

些細なことにも色々と理由があるものなのですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
by omatto | 2006-07-08 20:36 | 吉祥寺 | Comments(0)


<< カーニバル リニューアル 五色の短冊 >>