へびいちご

f0019805_1724421.jpg小さな頃は、色々な迷信を信じていました。

タンポポの綿毛が耳に入ると、耳が聞こえなくなる。
梅干の種の中身には、毒が含まれている。
醤油を1リットル飲むと、死んでしまう。
などなど。

そんな中で、野になるへびいちごの実には、毒が含まれているというものもありました。
私はこれをずっと信じていて、今まで食べたことはありませんでした。
まあ、いかにも美味しそうではなかったので、食べる気にもならなかったのですが・・・。

そうしたら、実際に食べたことがあるという人が、結構いて驚きました。
毒だと言われていたけれど、試しに食べてみたらしいです。

その真偽はというと、やはり毒は含まれていないようです。ただ、美味しくもないとのこと。

なんだか、オチがありませんが、真実なんだからしょうがありません。

ちなみに、梅には微量の青酸が含まれているとのことです。
木になっている間は、実に含まれ、青梅の間は種に含まれているそうです。
でも、青梅の種を食べても、おなかが痛くなる程度。
すっかり梅干になる頃には、青酸は消滅し、種を食べても大丈夫だそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by omatto | 2006-06-02 17:30 | 季節もの | Comments(3)
Commented by whitefullmoon at 2006-06-02 18:21
確か、タンポポの綿毛ではなく、ススキの穂だった様な気がしますが・・・
耳が聞こえなくなるのは
Commented at 2006-06-02 19:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by omatto at 2006-06-03 12:32
whitefullmoonさん、コメントありがとうございます。

ススキですか。地域によって、違いがあるのかもしれませんね。
家の実家(埼玉・川越)では、タンポポの綿毛を恐れていました。
耳を押さえながら、綿毛を吹いていた記憶があります。


<< やまあらしのジレンマ? 井の頭公園の甲羅干し亀 >>