やさい食堂七福

f0019805_20432434.jpg先日久しぶりに外食する機会があったので、以前から行ってみたかった「七福」にランチに行ってきました。

やさい食堂と名乗るだけあって、本当に野菜たっぷり。武蔵野市の近隣農園で栽培したものを極力使うようにしているそうです。

ランチタイムの定食は、別名TFT(Table For Two)メニューだそうです。1食を2人で分けるという意味で、お食事代の20円が開発途上国の学校給食として寄付されています。

海外の子供たちが給食を食べている姿を、思い浮かべながら食べる定食もまた味わい深いものかもしれません。

写真は、七福どんぶり(850円・大盛り100円増し)です。季節の緑黄色野菜と、牛肉をやさしい味付けで炒め、ご飯に載せています。白髪ネギもたっぷり!
味噌汁と小鉢(この日はカボチャ)、お新香が付いています。

この建物はもともとは、武蔵野福祉作業所だったそうで、床や柱などはそのまま使っているそうです。従業員の方も障害を持っている人と健常者が一緒に働いています。

武蔵野市の中央図書館向かいなので、本を読むためのカフェとして利用してもいいかもしれません。各座席もゆったりと幅をとってあり、落ち着きます。
[PR]
by omatto | 2009-05-11 20:43 | 美味しいもの | Comments(0)


<< テラスのまことちゃん 多摩ライオン >>