こだわりの紅茶は『MARIAGE FRERES』

リラクゼーションの施術後は、水分を多く取ったほうが良いといわれています。
一般的には、ハーブティーなどをサービスしているサロンが多いようです。
しかし私も個人的に経験があるのですが、ハーブの種類によって好みが分かれる傾向があります。
例えば、酸味のきいたローズヒップなどは、かなり慣れないと飲みづらい方も多いと思います。

『fro』では、施術後に紅茶のサービスをおこなっています。その銘柄は知る人ぞ知る『MARIAGE FRERES』
今はその『MARIAGE FRERES』の中でもとりわけ人気の高い「MARCO POLO」という果実と花のフレーバーの紅茶を提供しています。
話せば長くなりますが、この紅茶を初めて飲んだ時の感動をゲストの皆様にもお伝えしたくて、提供することに決めました。
『fro』に来たら一度は、こだわりの紅茶をお試しあれ。
f0019805_2112174.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-07-01 17:46 | サロン | Comments(0)

椅子もマッサージいたします

『fro』では、リフレクソロジーのチェアにマッサージ機能がついたものを使用しています。

リフレクソロジーをおこなう前には、どのコースでもフットバスに浸かっていただいております。
フットバスの最中は身体の自由も制限され、なんとなく手持ち無沙汰なものです。そこで、マッサージ機能の活躍となるわけです。お足を温めながら、上半身のマッサージを椅子がしてくれるのです。
これは、フットバスに浸かっていただいている間でも、お体のお疲れを癒して差し上げたいという『fro』からの心ばかりのサービスです。

実をいうと、足をお載せするオットマンにもマッサージ機能がついているのですが、こちらはまだ、どのように使うかは秘密です。もしかするとそのうちに、新メニューでその全貌が明らかになるかもしれません。乞うご期待!!f0019805_21125327.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-06-30 17:45 | サロン | Comments(0)

身体も携帯もチャージして

『fro』では、お客様が施術を受けている間に携帯電話の充電サービスをしています。
タイ古式リラクゼーションは一番短いコースでも60分、リフレクソロジーは30分からコースをご用意しています。
そのちょっとした時間の隙間を利用して、お身体だけではなく、お持ちの携帯もケアしていただければと思い、このサービスを始めました。

ほとんどの機種の携帯電話に対応しておりますので、お身体がお疲れで、なおかつ携帯も電池も切れそうという時がございましたら、迷わず『fro』にお越し下さい。
スタッフおよび充電器ともに、チャージ満タンでお待ち申し上げております。f0019805_2118627.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-06-29 17:44 | サロン | Comments(0)

天然素材のサロン

『fro』では、お客様のお肌に直接触れるものは、全て天然素材のものを使用しています。タイ古式マッサージで使用する枕は、綿か、そば殻の2種類をご用意。お着替え用のパジャマはオーガニックコットン素材。リフレクソロジーで使うオイルは、化粧品品質の上質の天然オイルを選んでいます。

なぜそこまで、こだわっているかというと、もともと店長の私が敏感肌で、リラクゼーションサロンで出された着替えに肌が反応してしまった経緯があるからでした。最近は、「食」でさえも安全性が問われ、様々な問題が発生しています。そういった問題に対する答えとして、「オーガニック・レストラン」があるのだから、オーガニックにこだわったリラクゼーションサロンがあってもいいのではないか?
そういう考えに思いいたってから、かなりの年月が過ぎましたが、長い期間考えぬいた分、良質のサロンができたと自負しています。
[PR]
# by omatto | 2004-06-28 17:44 | サロン | Comments(0)

目指すはホテルクラスのリラクゼーションサロン

5月16日のプレオープンから1ヶ月以上が過ぎました。おかげさまで会員数も200名を突破し、開業当初としては、まずまずの滑り出しだと思っています。
幸い良きスタッフにも恵まれ、技術面、サービス面に関してお客様からお褒めの言葉も多数ご頂戴しています。

スタッフに面接時から繰り返し言っているのは、『目指すのはホテルクラスのサービス』ということです。
リラクゼーションサロンがひしめき合う現状で、どうすればお客様に足を運んでいただけるサロンでいられるかというと、やはり付加価値のあるサロンということに尽きると思います。
技術が上手なのは当たり前です。技術という基本的な土台の上にいかに良いものを積み重ねられるかで、サロンの本質が左右されます。

では、『fro』ではどんなことをしているのか?それはまた次回以降詳しくお話ししていきたいと思います。
[PR]
# by omatto | 2004-06-27 17:30 | サロン | Comments(0)