サービスに必要な「3つの性格」 その1

サービスに必要な「3つの性格」 その1

私は以前はホテルマンをしていました。日比谷にある「帝国ホテル」という一般的には一流と呼ばれるホテルで働いていました。
働いている当時はそのありがたさになかなか気づかなかったのですが、辞めてみてはじめて、知名度の大きさ、サービス哲学の奥深さに今でも頭の下がる思いです。
現在は大手の外資系ホテルがたくさん参入し、苦戦しているという話を聞きますが、そのサービス哲学がある限り、良いホテルであり続けると信じています。

さて、そんなホテル時代に学んだたくさんの事のひとつに、サービスパーソンに必要な心構えというものがありました。
ホテルだけでなく、リラクゼーションも含めたサービス業全般に通じるものだと思いますので、当時を思い出しながら書いていきたいと思います。

まずひとつめは、「明るさ」です。せっかくご来店されたお客様に対して、暗い印象を残すようでは、サービスパーソンとして失格です。たとえ落ち込んでいるような時でも、お客様の前では、笑顔で振舞い、明るい気分になっていただいてお帰りいただく。それが接客のプロの仕事だと思っています。
もちろん人間ですから、なかなか良い笑顔ができない時もあります。そんな時こそ、一緒に働いているスタッフの力を借りられればよいと思います。彼らが一生懸命に接客をしている姿を見ていれば、自然に、「ああ頑張らねば」という気持ちが湧き出てきます。
そして別の日には、自分が誰かにそういう気持ちを感じさせることができれば、とても良い循環が続いていきます。組織全体にこの好循環の輪が広がっていけば、その職場はスタッフにとっても、お客様にとっても、明るい場所になっていくはずです。
[PR]
# by omatto | 2004-07-12 17:24 | サービス | Comments(0)

ふたりでするヨガ

「タイ古式マッサージ」は段々とメジャーな存在になってきましたが、まだまだ知らない人が多いのも事実です。
また、マスコミなどで取り上げられる時には、どうしても見栄えのするアクロバティックなストレッチ部分だけがクローズアップされがちです。そのため、あんなポーズをさせられるのでは、痛いに違いないと考える方が多いようです。

実際に受けられてみると分かるのですが、例えば60分の施術では、45分ほどは身体をほぐすためのボディーワークを行ないます。指だけではなく、肘、膝、足裏など広い面を使って、全身をほぐしていきます。
全身がある程度柔らかくなった後にストレッチをしていきますので、痛いというよりも、身体が伸ばされて気持ちいいというほうが適切な表現だと思います。
また、お身体のかたさに合わせて、力加減を調節いたしますので、もし痛いときは、ご遠慮なくおっしゃってください。

タイでは、またの名を「ふたりでするヨガ」といわれている快適なリラクゼーションをご堪能いただければ幸いです。f0019805_21111350.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-07-11 17:22 | サロン | Comments(0)

『fro』のアイドルとは?

『fro』にはスタッフみんなのアイドルが存在します。といっても人間のアイドルではなく、3匹のメダカのことです。
ご来店された方なら分かるかも知れませんが、化粧室のミラースペースの片隅に彼らはいます。
普段は水草の陰に隠れているので、見つけにくいのですが、運がよければ、彼らが元気に動き回っている姿を見ることができるはずです。

最初に一人のスタッフからメダカを飼ったらどうかという話を聞いたときは、正直どうかと思いました。しかし、あとあと良く考えてみると、お客様が(良い意味で)驚く様子が目に浮かんできました。

サービスの基本は、心を込めてもてなすことですが、もう一歩進めてみると、感動を与えることだと考えています。
感動とはどんな時に起こることかというと、想像もしていなかったことをされた時の驚きがその発端だと思います。
「ここまでやるか」という良い意味での驚きが、感動へと変わっていくのです。

『fro』では、そういった驚きの仕掛けを色々と考えています。他にどんなことをしているかというと…?
ここで言ってしまっては驚いてくれなくなってしまうので、今日はやめておきます。
また、機会がありましたら、その時に…。
[PR]
# by omatto | 2004-07-04 17:21 | サロン | Comments(0)

靴磨き後の小さなお土産

昨日の靴磨きの話題に続くお話なのですが、『fro』では靴を磨いた後に、脱臭効果のあるシューサシェを靴にお入れしています。
このサシェの中には、『MARIAGE FRERES』の茶葉が入っています。飲み終えた紅茶の葉を乾燥させ、脱臭効果を増大させています。靴の乾燥、脱臭に紅茶の茶葉が効果があるという話を聞いて、思いついたサービスです。

ご希望のお客様にはそのまま差し上げていますので、よろしければ、スタッフに声をかけてみてください。
サシェの制作も全てスタッフが手作りで行なっています。つくづく器用な才能にあふれた仲間たちだと自負しています。
[PR]
# by omatto | 2004-07-03 17:48 | サロン | Comments(0)

靴もリフレッシュしておかえしします

吉祥寺はショッピングの街ですが、多くの企業が存在する地域でもあります。
『fro』にも営業でお疲れのお客様や、会社帰りのOLの方などが多くご来店されます。
その中には、お身体だけではなく、長い勤務時間でお履物も疲れているゲストの方もいらっしゃいます。
『fro』では、そんな方のために施術時間を利用して、靴磨きのサービスをおこなっています。

施術前にセラピストがその旨お聞きいたしますので、もしご希望でしたらば、遠慮なくお申し付け下さい。
スタッフルームには、靴磨きセット一式が用意してあります。待機中のスタッフが心を込めて、磨かせていただきます。
先日はスタッフが皆、施術に入ったので私が磨かせていただきました。昔、父の靴を磨いたことなど思い出してしまいました。
[PR]
# by omatto | 2004-07-02 17:47 | サロン | Comments(0)

こだわりの紅茶は『MARIAGE FRERES』

リラクゼーションの施術後は、水分を多く取ったほうが良いといわれています。
一般的には、ハーブティーなどをサービスしているサロンが多いようです。
しかし私も個人的に経験があるのですが、ハーブの種類によって好みが分かれる傾向があります。
例えば、酸味のきいたローズヒップなどは、かなり慣れないと飲みづらい方も多いと思います。

『fro』では、施術後に紅茶のサービスをおこなっています。その銘柄は知る人ぞ知る『MARIAGE FRERES』
今はその『MARIAGE FRERES』の中でもとりわけ人気の高い「MARCO POLO」という果実と花のフレーバーの紅茶を提供しています。
話せば長くなりますが、この紅茶を初めて飲んだ時の感動をゲストの皆様にもお伝えしたくて、提供することに決めました。
『fro』に来たら一度は、こだわりの紅茶をお試しあれ。
f0019805_2112174.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-07-01 17:46 | サロン | Comments(0)

椅子もマッサージいたします

『fro』では、リフレクソロジーのチェアにマッサージ機能がついたものを使用しています。

リフレクソロジーをおこなう前には、どのコースでもフットバスに浸かっていただいております。
フットバスの最中は身体の自由も制限され、なんとなく手持ち無沙汰なものです。そこで、マッサージ機能の活躍となるわけです。お足を温めながら、上半身のマッサージを椅子がしてくれるのです。
これは、フットバスに浸かっていただいている間でも、お体のお疲れを癒して差し上げたいという『fro』からの心ばかりのサービスです。

実をいうと、足をお載せするオットマンにもマッサージ機能がついているのですが、こちらはまだ、どのように使うかは秘密です。もしかするとそのうちに、新メニューでその全貌が明らかになるかもしれません。乞うご期待!!f0019805_21125327.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-06-30 17:45 | サロン | Comments(0)

身体も携帯もチャージして

『fro』では、お客様が施術を受けている間に携帯電話の充電サービスをしています。
タイ古式リラクゼーションは一番短いコースでも60分、リフレクソロジーは30分からコースをご用意しています。
そのちょっとした時間の隙間を利用して、お身体だけではなく、お持ちの携帯もケアしていただければと思い、このサービスを始めました。

ほとんどの機種の携帯電話に対応しておりますので、お身体がお疲れで、なおかつ携帯も電池も切れそうという時がございましたら、迷わず『fro』にお越し下さい。
スタッフおよび充電器ともに、チャージ満タンでお待ち申し上げております。f0019805_2118627.jpg
[PR]
# by omatto | 2004-06-29 17:44 | サロン | Comments(0)

天然素材のサロン

『fro』では、お客様のお肌に直接触れるものは、全て天然素材のものを使用しています。タイ古式マッサージで使用する枕は、綿か、そば殻の2種類をご用意。お着替え用のパジャマはオーガニックコットン素材。リフレクソロジーで使うオイルは、化粧品品質の上質の天然オイルを選んでいます。

なぜそこまで、こだわっているかというと、もともと店長の私が敏感肌で、リラクゼーションサロンで出された着替えに肌が反応してしまった経緯があるからでした。最近は、「食」でさえも安全性が問われ、様々な問題が発生しています。そういった問題に対する答えとして、「オーガニック・レストラン」があるのだから、オーガニックにこだわったリラクゼーションサロンがあってもいいのではないか?
そういう考えに思いいたってから、かなりの年月が過ぎましたが、長い期間考えぬいた分、良質のサロンができたと自負しています。
[PR]
# by omatto | 2004-06-28 17:44 | サロン | Comments(0)

目指すはホテルクラスのリラクゼーションサロン

5月16日のプレオープンから1ヶ月以上が過ぎました。おかげさまで会員数も200名を突破し、開業当初としては、まずまずの滑り出しだと思っています。
幸い良きスタッフにも恵まれ、技術面、サービス面に関してお客様からお褒めの言葉も多数ご頂戴しています。

スタッフに面接時から繰り返し言っているのは、『目指すのはホテルクラスのサービス』ということです。
リラクゼーションサロンがひしめき合う現状で、どうすればお客様に足を運んでいただけるサロンでいられるかというと、やはり付加価値のあるサロンということに尽きると思います。
技術が上手なのは当たり前です。技術という基本的な土台の上にいかに良いものを積み重ねられるかで、サロンの本質が左右されます。

では、『fro』ではどんなことをしているのか?それはまた次回以降詳しくお話ししていきたいと思います。
[PR]
# by omatto | 2004-06-27 17:30 | サロン | Comments(0)