<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

楳図先生

吉祥寺で良く見かける有名人といえば、楳図かずお先生が真っ先に思い浮かぶ人が多いみたいですね。

でも、吉祥寺に住んで2年半になりますが、今まで見たことがありませんでした。
たまたまなのか、気づかなかっただけなのか分かりませんが、早く見たいと思っていたんですよね。

でも、今日やっと出会えました。東急百貨店の前を歩いているのを発見。
みんなが言っているような、赤白ボーダーの楳図ファッションではなく、真っ赤なトレーナーにジーンズ、スニーカーという若々しいいでたちでお歩きでした。

初!楳図先生との遭遇。感動しました。
静かな感動を胸の中で味わいつつ、あまりじろじろ見るのも失礼かなと思いながら、すれ違いました。

彼の作品の中で一番印象に残っているのが、小さな頃テレビでやっていた「猫目小僧」です。
今のアニメーションとは趣きがかなり違って、切り絵を使った紙芝居のような作品でした。
あまり絵が動かないのですが、それがまた独特の怖い雰囲気をかもしだしていました。

詳しくは、楳図先生のホームページをどうぞ。
http://umezz.com/jp/


不思議なもので、初めて遭遇してから、2日後に今度はパルコの前の通りで再度先生を見かけました。
今まで気付かなかっただけなんでしょうか?
[PR]
by omatto | 2006-04-30 15:43 | 吉祥寺 | Comments(0)

塀の上の眠り猫

f0019805_1342216.jpgまるで本物のみたいだけど、作り物なんですよね。

東急近くのあるお宅に鎮座している猫たち。とても気持ちよさそうに寛いでいます。

猫好きのお宅なのでしょうか。窓辺にも猫の置物が見えます。

この家の前を通るたびになごやかな気分になります。
ご家族のお人柄が偲ばれますね。
[PR]
by omatto | 2006-04-29 12:49 | 生活 | Comments(0)

新規オープン店で思うこと

先日機会があって、新規オープンの南欧料理屋に、開店初日に行ってきました。

過去の経験から言って、オープンしたての店はどんなに良いお店であろうと、開店初日にはその実力は発揮されず、がっかりすることが多いのが常でした。

今回もできることなら、2~3か月後に行きたかった(やはり、今までの経験から言って、これくらいの期間が経って、やっと店本来の実力が表れてくるので)のですが、やむを得ぬ事情で開店当日に来店となりました。

結果から言うと、やはり今までのジンクスは今回もピタリと当てはまっていました。


特に派手な宣伝はしていなかったようですが、新しいお店の物珍しさからか、着いた時にはほぼ満席。

「お席を用意します」としばし待った後、席に通されるとすでに料理はラストオーダーの時間。
あわててメニューを検分し、グラスワインを頼むもこれは品切れ。
代わりにシェリーをオーダーし、料理を2品ほど注文。

通された席は、ちょうど厨房からの料理が出され、ホールスタッフが運び出す場所のすぐそば。
何気なく、そちらに目をやると、オーダーの紙が所狭しとギッシリ並んでいる。

「これはかなり待つな」と覚悟を決め、持参した本を読みふける。
思ったとおり、お酒は15分後に、料理はさらに20分後に出てきました。


誤解しないで欲しいのは、別にそういったことで文句を言いたい訳ではないのです。
最初に断ったように新しいお店というのは、実力を発揮できなくて当たり前。
長い目で見なければ、そのお店の良さは分かりません。

ただ、そのお店の場合、ラストオーダーが終わり、すべての注文が配膳し終わると、スタッフや黒服の人たちさえも、嬉しそうに、満足し切った顔でいたのが、ちょっと気になりました。

怖いな~と思いました。

たぶんオープンまで研修を何日もやってきて、開店してみたら大繁盛でとても嬉しかったのでしょう。それは分かります。

でも、もうちょっとお客さんの立場で考えてみたら、大満足とはいかない気がするんですよね。
喜びに浸りきる前に、明日への反省の気持ちも、少しは残しておいてもらえたらありがたかったです。

料理は調理の時間がどうしてもかかるので、その分ファーストオーダーのドリンクだけは早く出す。
料理を持っていった後は、手ぶらで帰らず、下げられるお皿は下げてくる。
灰皿は山盛りになる前にお取替えする。
お酒のお代わりはもういいと言ったゲストには、お水がいるか確認する。etc・・・


サービス業にとって、一番怖いのは「自己満足のサービス」だということを聞いたことがあります。つまりゲストという主役不在のサービスというわけですね。

サービス業ならどんな業界にも通じると思います。マッサージ業とて同じこと。
施術に慣れてくると、つい自分のやりやすいように、自分のペースで接客してしまうという罠が待ち受けています。

ゲストが主役だということを忘れてしまう典型的な悪循環ですね。怖い、怖い。


仕事の成果を決めるのは、常にゲストの満足度だということを肝に銘じなければと思った出来事でした。
f0019805_13123229.jpg
            料理はおいしかったです。2ヵ月後にまた行ってみます。
[PR]
by omatto | 2006-04-28 18:58 | サービス | Comments(0)

ミニパン屋さん 「MINI-ONE」

f0019805_13425483.jpg三越吉祥寺店の「Johan」のミニワンコーナーが好きで良く買っていました。しかし、ご承知の通り、5/7(日)で三越が閉店するので、もうあのパンが食べられなくなるのが心残りでした。

でも、安心しました。吉祥寺ロンロンにミニパン専門店「MINI-ONE」が出店したのです。「Johan」と同じく、クロワッサン、チョコクロワッサン、餅パンなどがおいてありました。

なんだか値段も商品名も同じなので、気になって調べてみると、同じ会社が運営しているようですね。
「DONQ」という会社のようです。


f0019805_13435681.jpg今日はオープン初日ということもあってかなり混みあっていました。

何はともあれ、おいしいパンが食べられる喜びが無くならずに良かったです。
[PR]
by omatto | 2006-04-27 13:45 | 美味しいもの | Comments(1)

「いせや本店」改築か?

f0019805_14502188.jpg吉祥寺の名物店は数多くあるけれど、熱いファンが多いことでは「いせや」に勝るお店はないんじゃないでしょうか。

昼過ぎに行ってもすでに立ち飲みスペースは埋め尽くされ、一見のお客さんは近寄りがたい雰囲気に圧倒される。

正直言ってめちゃくちゃうまいというわけではないけれど、あの雰囲気の中で味わう焼き鳥とシュウマイは、それはそれでおいしいわけです。

そんな「いせや本店」に改築の噂が立っているのは、巷ではけっこう有名な話らしい。
何でも、工事看板には今年の5月1日から施行予定と書かれているとか。

あの雰囲気がなくなってしまうのは、惜しい気もするが、確かに地震のことなどを考えると、必然の流れか・・・。

昭和29年の建築だというから、まあ、やむを得まい・・・。
まだ行ったことない人は、行くなら早目がいいかもしれないですね。
[PR]
by omatto | 2006-04-26 14:48 | 吉祥寺 | Comments(2)

デトックス フット スパはじめました!

f0019805_22325880.jpg

以前このブログで紹介していた「デトックス フット スパ」をやっと入手することができました。

説明書を読んでみると、その機械の構造が分かりました。
以下に記してみます。

「デトックス スパ システムによって、イオン分解されたお湯からマイナスイオンが発生します。そのマイナスイオンが足裏のリンパ腺からのプラスイオンを吸着し、毒素を排出して、体内環境のバランスを整えていきます」

なるほど。イオンバランスを整えていくわけですね。

さっそくスタッフみんなで試してみました。
すると、出るわ出るわ。人によって、色の変化は違いますが、どんどんお湯の色が濁っていきます。
30分お湯に浸かっているので、ぬるくならないかなと思ったのですが、逆に温かくなっていく感じ。
終わった後は、脚がすっきり。この後、マッサージを受けたらもっと気持ち良さそう・・・。

早急にメニューに載せたいと思います。早く知りたい人はfroのホームページをチェックして下さい。

結果はこんな感じです
[PR]
by omatto | 2006-04-25 22:46 | サロン | Comments(0)

ソックモンキーって知ってますか?

f0019805_2218129.jpg伊勢丹の通路展示場で見つけました。

この子猿、靴下でできているそうです。
アメリカが大恐慌の時代に、おもちゃも買えない不自由な生活の中でも子供たちを楽しませようと、おばあさんやお母さんが作り始めたのがきっかけとか。

材料はレッド・ヒール・ソックスという労働者用の靴下。かかと部分が赤い糸で補強してあり、その赤色をうまく使って、猿の口とお尻の赤みを表現しています。
世界にひとつだけのおもちゃなんて夢がありますね。


f0019805_2225619.jpg
                     これが材料の靴下

f0019805_22273355.jpg
                      お猿の作り方

f0019805_22283113.jpg
               ヴィンテージお猿。ナント3万円くらいします!
[PR]
by omatto | 2006-04-24 19:37 | 生活 | Comments(0)

吉祥寺路地巡礼 ~ダイヤ街~

f0019805_1635337.jpgダイヤ街のアーケード化は昭和49年。

同じ年に近鉄百貨店、東急百貨店が吉祥寺にオープンし、すでに開業していた伊勢丹、F&Fビルと共に、吉祥寺駅北口周辺は大型店舗の商業地区となっていったそうです。

商店街のアーケード化による一番の利点は、やはり雨の日でもお客様の客足に影響が出にくいということでしょう。
逆に雨の日は遠回りでも、アーケードを通っていこうと思いますものね。

最近リニューアルを終えたサンロード商店街は、昭和46年にアーケードが完成してますから、駅前を中心にサンロードが南北方向に、ダイヤ街が東西方向にアーケードが完成した意味は大きかっただろうと想像されます。

先人の苦労が偲ばれます。
[PR]
by omatto | 2006-04-23 16:03 | 吉祥寺路地巡礼 | Comments(0)

東急9F 點心茶室

f0019805_1917405.jpg東急吉祥寺店9Fの「點心茶室」に行ってきました。

まだ夕食には早い時間帯だったので、窓際の席が空いており、そちらに案内してもらいました。

さすがに9Fだけあって、とても眺めが良く、吉祥寺の町並みを見ながら食事をするのも楽しいものですね。

f0019805_1918783.jpg連れは女性向けのコース「カトレアセット」(写真上:前菜盛り合わせ)を、私はチャーシュー麺をオーダーしました。

全体的に上品な味付けで、嫌な脂っこさがないのが印象的でした。

メニューは上海のやや南に位置する寧波料理が中心で、特徴としては、野菜や魚介類が多く使われることと、新鮮な材料を使って、材料本来の味にこだわって塩味がベースになっていることです。

また、醤油ベースの味付けも多く、そのため寧波料理は日本人の口にもよく合うのだそうです。
確かに、これなら毎日食べても飽きない感じがしました。

ちなみに赤坂に本店がある「維新號」が経営母体だそうです。
[PR]
by omatto | 2006-04-22 19:18 | 美味しいもの | Comments(0)

吉祥寺路地巡礼 ~レンガ通り~

f0019805_1425491.jpg吉祥寺パルコの横の小道です。

この通りも「プチロード」と同様にとても小さく短い通りです。
でも、個人的に好きなお店が集まった通りでもあります。

まずは、南欧料理の「Funky」 吉祥寺で「金の猿」や「LEMON DROP」など数々の飲食店を経営してるMUGIグループの記念すべき第1号店でもあります。

そして、コーヒーや食品雑貨専門店「カルディ コーヒーファーム」

ここは珍しい輸入食料品も多いので、見ているだけで小一時間は過ごすことができ、飽きません。


f0019805_14244683.jpgそして、その奥には北海道ラーメン「味源」があります。

ここは「札幌味噌ラーメン」が有名ですが、個人的には「函館塩ラーメン」がお気に入りです。
仕事で疲れた日に立ち寄り、塩ラーメンの優しい味わいのスープを飲むと、疲れが癒される気がするから不思議です。

小さな通りではありますが、レンガで舗装された小道には個性ある実力派の店が軒を連ねています。
[PR]
by omatto | 2006-04-21 16:24 | 吉祥寺路地巡礼 | Comments(0)