<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

カップ酒めぐり

f0019805_168316.jpg伊勢丹通路の展示場です。
伊勢丹の地下1Fで「日本全国カップ酒めぐり」と題して、様々なカップ酒を展示販売していました。

最近は、居酒屋などでも色々なカップ酒を置いていることを売りにしているお店もありますね。
色々な種類のお酒を、ちょっとだけ飲みたい時に、安くて便利なので、重宝しています。

今まではおじさん的なイメージがありましたが、写真を見て分かるとおり、今は色とりどりの器に入ったきれいなお酒が多くあります。

お酒の種類も日本酒だけではなく、泡盛、ワイン、焼酎と揃っていました。
お花見や行楽に持っていくには打ってつけですね。
[PR]
by omatto | 2006-03-31 15:53 | 美味しいもの | Comments(0)

ご満喫下さい。

今日は多くを語りません。
ただ、下のボタンをクリックしてみて下さい。

ボタン
[PR]
by omatto | 2006-03-30 13:18 | 季節もの | Comments(0)

吉祥寺路地巡礼 ~クック・ロード~

f0019805_2055034.jpgシリーズ2回目です。
今回は私のうちのすぐ近くにある、その名も「クック・ロード」という洒落た名前の通りです。

その名前の由来に関してですがクック諸島の様に美しい通りを目指してということなのか、あるいはトーマス・クック社と何か関係があるのかと、考えてみたのですが、一向に分かりません。

悩んだあげく、ふと標識の下を見ると、「市道99号線」と小さな文字で書かれているではありませんか。

99=クックということか・・・。


ふぅ~、全身脱力の通り名です・・・。
[PR]
by omatto | 2006-03-29 20:22 | 吉祥寺路地巡礼 | Comments(0)

一本桜

f0019805_19563889.jpg家のマンション裏手にある桜の木です。

昨日の夜、この道を歩いていたら、ほぼ満開・・・。慌てて今朝撮影しました。

井の頭公園のように、たくさんの桜が咲き誇っている様子も絵になりますが、道端に一本だけ咲いている桜もなかなか風情があるものです。

しばらくは、毎日の行き帰りにこの桜を眺めるのが日課になりそうです。
ただ、ホントに普通の通り道なので、花見酒という訳にはいかないのが、ちょっと残念なところです・・・。
[PR]
by omatto | 2006-03-28 19:54 | 季節もの | Comments(0)

自分と同じ名の駅

f0019805_1911463.jpgもし自分と同じ名前の駅があったとしたら、行ってみたいと思いませんか?

長野県を走っている飯田線の路線内に「田本駅」があることを発見した時、いつかはこの駅に行ってみたいという思いに駆られました。

でも、よくよく調べてみると、全国的に見ても、かなり難所にある駅らしいということが分かってきました。

何でも、絶壁を切り開いて造った駅ということで、駅の前後をはトンネルにはさまれ、ホームの裏はなだれ止めのコンクリート壁、反対側は天竜川に接する断崖絶壁という有様だそうです。

駅の周囲に民家がない駅は飯田線でも他にあるそうですが、飯田線の中でも最も地形条件が厳しく、平地が全くなく、建造物を建てる余地すらない駅はここだけのようです。

しかしながら、このような文字どおりの秘境の駅だからこそ、それがかえって魅力となって、好奇心旺盛な人々の訪問が絶えないとのこと。

う~ん、やっぱり一生のうちに一度は訪れてみたい駅です。でも、よりによって自分と同じ名前の駅が、そんなにも秘境の駅だったという事実を噛みしめると少々複雑な気がします。

ちなみに、この飯田線には「小和田駅」という駅もあり、平成5年の「皇太子殿下・小和田雅子様御成婚」の際には、その駅名がマスコミに注目されて、大勢の人が訪れるというブームを呼び起こしたそうです。
[PR]
by omatto | 2006-03-27 19:13 | おでかけ | Comments(0)

たこ焼きの誘惑 その2

f0019805_17242100.jpgまたもや誘惑に負けてしまいました。

今度は吉祥寺ロンロン内にある「築地銀だこ」の小舟たこ焼き(6個入り350円)です。

銀だこは今や全国に300店以上あるそうです。まさにたこ焼き界のトップに君臨しているといった感じですね。

一時期はどの店舗も常に行列が出来ていましたが、店舗数が増えたからか、最近はそれほど並ばずに買うことができます。

諸説あるようですが、たこ焼きが今の形で完成されたのは、昭和10年頃ということです。
大阪では庶民の味の代表としてすぐに広まりましたが、全国的に有名になったのは、1970年の大阪万博以後とのことです。

大阪万博に出店していたのがきっかけで、そのおいしさが認められ、高度経済成長期と高速道路による物流の活発化によって、東京などの各地に広まっていきました。

しかし、大阪人に言わせると、東京のたこ焼きは、まだまだ本場のたこ焼きにはかなわないのだそうです。

半数以上の家庭に、たこ焼き器があるといわれている大阪人のこだわりは、確かに深そうですね。

もっとたこ焼きのことが知りたいという方は、こちらをどうぞ。
[PR]
by omatto | 2006-03-26 17:41 | 美味しいもの | Comments(0)

新入りの木々

f0019805_1340553.jpg伊勢丹吉祥寺店の外壁工事もだいぶ整ってきました。

それにともなって、伊勢丹前の歩道の幅も広くする工事を行なっていました。最近になってやっと舗装され、街灯も取り付けられていました。

そして、今日見ると、真新しい若木の街路樹が植えられていました。まわりにある他の木と比べるとまだ小さく弱々しい感じがしますが、早く大きくなって、夏の日差しや雨を防ぐ役割りを担っていって欲しいものです。
[PR]
by omatto | 2006-03-25 13:35 | 吉祥寺 | Comments(0)

たこ焼きの誘惑

別に理由はないんだけど、なぜか無性に食べたくなるものってありますよね。体が欲していると言えばいいのか、その食べ物が頭から離れなくなる時があります。

人によって、時によって、何が食べたくなるかは異なってきますが、昨日の場合はたこ焼きでした。f0019805_17583265.jpg
吉祥寺にもたこ焼き屋さんは多くありますが、吉祥寺PARCOにある「えびすだこ」に行きました。

オリーブオイルを使ってカリッと焼き上げてあります。マヨネーズを3種類から選べるのですが、お気に入りはレモン風味。

マヨネーズのコクとレモンの酸味でさっぱりした風味で、たこ焼きを食べることができます。8個入りで420円(税込)です。

そういえば、たこ焼きのタコはアフリカ・モロッコ産のものがほとんどだそうです。国産品は弾力が強すぎて、たこ焼きには適さず、皮が薄く肉質がやわらかいモロッコ産が最適だそうです。

でも、乱獲の影響でタコが減少してしまい、タコの保護のため年間で取って良い量を決めているそうです。
そのため、必然的にタコの価格が上昇、たこ焼きの販売価格にも影響が出ているとか。

寿司ネタでも、タコやイカは安くて当たり前でしたが、あまり食べ過ぎるのも考え物なのかもしれませんね。
[PR]
by omatto | 2006-03-24 17:21 | 美味しいもの | Comments(0)

吉祥寺路地巡礼 ~プチロード~

吉祥寺を歩いていて感じるのは、どんな小さな通りにも何かしらの名前が付いているなぁということです。

中には明らかに語呂合わせの物もありますが、なかなか良く考えられている通り名もあります。
このブログを通じて、そんな吉祥寺の路地たちも紹介していけたらと思います。

f0019805_13463347.jpg記念すべき第一回目は「プチロード」
場所はというと、「吉祥寺LOFT」の目の前、パチンコ屋さんと「ふらんす亭」の間の道です。

プチロードの名前の通り、ほんとに小さな小道です。しかも全長はわずか50m程・・・。
しかし、そんな小さな通りにも立派な看板が付いています。

一輪車に乗りながら、鈴を鳴らし、なおかつラッパまで吹き鳴らすというかなり器用な青年がこの通りのマスコットのようです。

写真だと表情まで見えませんが、笑顔がチャームポイントのおしゃれな彼です。
[PR]
by omatto | 2006-03-23 13:54 | 吉祥寺路地巡礼 | Comments(0)

L.L.Beanの花畑

f0019805_13113977.jpg井の頭公園に行く途中で、その一角だけ花が咲き乱れている場所がありました。

足を止めてみると、まるで花畑のようによく整備された「L.L.Bean」吉祥寺店の花壇でした。

さすがにアウトドア用品の専門店だけあって、自然のものを活かすのがうまいです。

チューリップやマーガレットなどのいかにも春らしい花が植えられていて、思わず立ち止まってしまいます。


f0019805_13174934.jpgホームページを見ると、この会社の日本支社は吉祥寺なんですね。

井の頭公園などの、自然が豊富な武蔵野市に会社の基盤を据えるところなども、アウトドア用品のトップ企業としてのポリシーが成せる業なのかもしれませんね。

ちなみにハンティングが趣味でもあったアーネスト・ヘミングウェイは、L.L.Beanのハンティングブーツ(通称ビーン・ブーツ)を愛用していたそうです。
[PR]
by omatto | 2006-03-22 13:06 | 季節もの | Comments(0)