カテゴリ:勉強( 12 )

東進ハイスクール

f0019805_14533243.jpg井の頭通り沿いにある東進ハイスクールです。

建物前面に大きなディスプレーが設置されていて、授業風景が流れています。
今行っている授業なのでしょうか?

吉祥寺には駿台、河合塾などたくさん予備校がありますが、今後は少子化で浪人生そのものが減っていくことが予想されているそうです。

現役生をいかに獲得するかが、この業界の今後のカギだそうです。

ディスプレイを眺めながら、遠い日に必死になって勉強していたことを思い出しました。
今から考えると、人生の一時期にあのような時間を過ごすのも良かったなあと思います。
自分で時間を管理するすべを覚えたし、どうすれば効率良く作業できるかなどを工夫する癖がついた気がします。

まあ、勉強まっただ中の時はそんな余裕はなかったのですが…。
[PR]
by omatto | 2008-07-08 14:52 | 勉強 | Comments(0)

人体模型

f0019805_19591810.jpg吉祥寺ロフト2Fのキャラクター雑貨売り場に用があって行ったのですが、用事とは関係なく思わず買ってしまった一品です。

「原色人体解剖図鑑Ⅱ」という玩具で、その名の通り人体解剖の3Dフィギアです。
マッサージで人体の筋肉の付き方などの勉強になればと思って買ってしまいました。

一番欲しかったのは、全身人体像、無理なら骨格標本でもと思って500円で購入しました。

何が入っているのかワクワクしながら開けてみると・・・、

「歯列発育順序模型」でした。乳歯から永久歯へ生え変わる様が、とてもリアルに作りこまれていて、興味のある人にはたまらない一品かと思われます。

しかしながら、マッサージとは一番関係のない模型だったのも事実です。

全身模型が出るまで頑張ろうかとも思いましたが、全部で8種類あるシリーズの中からそれを選び出すのは、時間的にも、経済的にも無理だと自分を無理やり納得させ、売り場を後にしたのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by omatto | 2006-09-29 19:59 | 勉強 | Comments(0)

他店舗研修 ~ロイクロ銀座店~

今日はfroの定休日。いつもはサロンスペースを使って、技術練習や、体のケアの方法を学ぶのですが、今月は少し趣向を変えました。

今回は、他店舗研修に行ってきました。他のマッサージサロンに、ゲストとして来店し、施術、サービスを受けて、自らの糧となるものを学び取ろうという試みです。

以前にも何度か行なっているのですが、その度に新たな発見、勉強がありました。
今回訪れさせていただいたのは、「ロイクロ銀座店」さんです。

ロイクロのサロンは、2006年5月現在で9店舗のタイ古式マッサージサロンを出店してる業界最大手。併設のスクールも有名です。
特徴は、アジアのリゾートのような高級感溢れるナチュラルな内装と、チェンマイスタイルのマッサージ。

タイ古式マッサージにも、色々な流派がありますが、大きく分けて、北部のチェンマイスタイルと、南部のバンコクスタイルに分けられます。

froでは、コリをほぐす要素とヨガストレッチの要素が融合したバンコクスタイルでの施術を行なっています。
一方のチェンマイスタイルの特徴は、深い呼吸に合わせた古式ヨガのストレッチ技法にあるといわれています。

どちらが良いというわけではなく、タイ本国でも受ける人の体調や好みによって、使い分けられているようです。

深い呼吸法に根ざした施術が終わった後は、体中の筋肉が伸びているのが良く分かりました。

その後、場所を変えて反省会。銀座のお寿司屋さんで寿司をつまみながら、各自の感想、意見を聞いていきました。

普段施術するのとは、逆の立場になり、お客様目線で施術を受けてみると、各自、色々と考えさせられるところが多かったようです。

この体験をfroの今後にぜひ活かしていきたいと考えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気blogランキングへ
[PR]
by omatto | 2006-05-17 17:29 | 勉強 | Comments(0)

パソコン買っちゃいました

f0019805_14575857.jpgfroで使っているメインのパソコンがたまに調子が悪くなるので、バックアップの意味も兼ねて、新しいものを買うことにしました。

色々と検討した結果、DELLのノートタイプのものが、値段的に手頃だったのと、性能が良さそうだったのが決め手となって、購入の運びになりました。

ネット上で決済したのですが、きめ細かなサービスが印象に残りました。

基本的に注文を受けてから生産を始める受注生産なのですが、自分の受注番号から、自分の注文した商品が現在どの段階なのかを、ネット上で確認することができます。

例えば、現在工場で生産途中であるとか、日本へ向けて発送準備段階であるとか、日本国内で配送中であるとかが逐一確認できるわけです。

ネット通販を利用したことがある人ならわかると思いますが、果たして品物がいつ頃出荷され、きちんと届くのかどうかが心配になることがあります。

そういった不安を解消するためのツールとして、現在の状況が確認できるシステムというのは、かなり有効だと思います。

ここまでやっている企業からなら、また買いたいと思いますものね。
サービス業に携わるものとして、勉強になる買い物でした。
[PR]
by omatto | 2006-04-20 14:58 | 勉強 | Comments(0)

本の迷宮

このところ、京極夏彦にハマっています。
そもそものきっかけは、昨年行ったタイ研修旅行の帰りの飛行機の中で見た映画でした。

京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」を映画化した作品が機内で上映されており、何の気なしに見始めると、その奥深さにズブズブと入り込んでしまいました。見終わった後は、眠ることもできず、妙にさえた目で成田空港に降り立ったのでした。

その次の日にさっそく図書館に行って、第1作目から順に読み齧っています。今は第3作目なんですが、文庫本でも1000ページ弱のボリュームで、なかなか読み終わりそうにありません。

実は明日が本の返却日なので、今日中に読み終わらなければ・・・。人気のある作家だけに、すでに予約が入っていて、延長貸し出しもできないのが辛いところです。

脳医学から心理学、民俗学、宗教学と広範囲にわたるしつこいまでの知識と、くどいまでの論理的世界観に一旦足を踏み込んでしまうと、なかなか抜け出せそうにありません。

1作当たりのページ数が長くなる傾向は、今だ続いているようです。
筆の早い作家なので、早急に全ての作品を読み尽きる心配はありませんが、まだまだ読まなければならない作品が多くあるので、少し気が遠くなってきています。

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000B6H6CS
スコア選択:



文庫版 狂骨の夢
京極 夏彦 / 講談社
ISBN : 4062649616
スコア選択:
[PR]
by omatto | 2006-02-18 16:52 | 勉強 | Comments(0)

経営戦略考

今の世の中、もはやメルマガを読んでいない人の方が少ないかもしれません。小泉内閣発足時に発刊された「小泉内閣メールマガジン」で一気に「メルマガ」というものの知名度が上がった気がします。

かく言う私もいくつか読んでいます。個人的な趣味に関するもの、お気に入りの会社やお店のもの、そしてビジネスに関連したものと約10種類ほど購読しているでしょうか。

そんな中でも比較的まじめに読んでいるのが、「経営戦略考」というメルマガです。日経4紙の中から毎日1つ記事を取り上げて、その記事の背景、その意図するものなどを豊富な例をあげて分かりやすく解説しています。

ひとつの記事を違う角度から見るだけで、こんなにも幅広く世の中を見渡すことができるものかと、目から鱗が落ちる日も多々あります。
マッサージ業界でも応用できそうな事柄も多数あるので、かなり参考になっています。

経済新聞を読む暇がないという方、読むのが面倒くさいという方、就職活動中の方などに特にオススメです。よろしければお試し下さい。
[PR]
by omatto | 2006-01-23 18:15 | 勉強 | Comments(0)

他店舗研修レポート

先日の定休日にスタッフの他店舗での施術研修を行ないました。これは同業他社のサロンで実際にお金を払って施術を受け、レポートを書かせるというものです。
今回は吉祥寺地区にあるリフレクソロジーサロンに行ったのですが、各セラピスト学ぶところが大きかったようです。

みんな普段はセラピストという立場からモノを見ますし、考えます。お客様の立場に立った接客を目指してはいますが、実感として湧きにくいというのも事実です。しかしfroからの補助が出るとは言え、自らの自腹を切ってゲストとして施術を受けてみると、たちどころに見えてくるものがあるようです。立場が変われば見方も変わるといういい例ですね。

今回セラピスト皆から出た意見を基により一層技術に磨きをかけ、かゆい所に手が届く笑顔のサービスをめざしていきたいと考えています。ご期待下さい。
[PR]
by omatto | 2005-12-25 16:24 | 勉強 | Comments(0)

わくわく系の店づくり

帝国ホテル時代の同期から推薦されて読んだ本です。「わくわく系」という経営理論の元、お客様だけでなく従業員、経営者もが楽しみながら売上を伸ばしていけるという事を書いた本です。
様々な業種の豊富な実践例が描かれているので、多くの店舗で応用できると思います。

「お店のファンを増やすための様々な仕掛けを作る」という点がとても参考になりました。froサロンでも、マッサージサロンなりのやり方でよりお客様に喜ばれる形を実行していきたいと思います。実はこのブログもその一環として始めたものです。はじめは毎日続くかなと思っていたのですが、なかなかどうして面白いです。皆様にも楽しんでもらえれば幸いです。


あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり
小阪 裕司 / フォレスト出版
ISBN : 4894511045
スコア選択:
[PR]
by omatto | 2005-12-23 13:34 | 勉強 | Comments(0)

吉祥寺図書館

f0019805_2112156.jpg家のすぐ近くに図書館があるのですが、最近の図書館はホント便利になりました。なんとインターネット上から本の検索はもちろん、取り寄せ、予約、そして延滞本の延長さえもできてしまうのです。
ついつい使うのが楽しくなり、おかげで3日に1回は図書館に通っています。詳しくは武蔵野市立図書館をご覧いただければと思います。

こういったサービスって自治体によってかなり格差があると思いますが、武蔵野市民である喜びと恩恵を充分活用していこうと思っています。なんだか武蔵野市の宣伝みたいになってしまいましたが・・・。

小学生の頃には図書館といえばなんか怖いイメージがあったんですよね。確か本の裏表紙にある貸し出しカードを自分の図書館カードと一緒に束ねて、図書館司書さんに提出しなければいけなくて、非常に緊張した覚えがあります。

薄暗く埃の匂いのする、静まり返った館内に、眼鏡をかけた陰気な年配の司書さんが座っている。ちょっとでも手続きを間違えようものなら、たちまち怒鳴りつけられる。
「ちょっとあなた、何度言ったら分かるの!貸し出しカードは図書館カードの下に添えるのよ!もう、まったく図書館を何だと思っているのかしら!」

ごめんなさい。ウソです。ここまでは怖くなかったと思います。
いやーそれにしても、最近の公共サービスって丁寧になりましたよね。
[PR]
by omatto | 2005-12-20 21:00 | 勉強 | Comments(0)

研修マッサージにて

暑い夏は歩くだけでも体力を消耗しますね。それはセラピストであろうと同じこと…。froのセラピストは自力整体やヨガなど自分で自分の身体をケアする方法を知っていますが、たまには他のセラピストのマッサージを受けてみたいと思うものです。
froには定休日を利用して、セラピストが他のお店にマッサージを受けに行く企画があります。
今月は以前にも紹介した私の知り合いのタイ古式マッサージのお店「RHYTHM」に行ってきました。日頃は自分たちが施術している側ですが、いざ施術を受ける側となるとなんだかやっぱりちょっと緊張するものです。初めてのお店となるとなおさらですね。

froではどうかなとつい考えてしまいました。毎日勤務しているスタッフは接客にも施術にも慣れ、緊張感も薄くなっていくのが当然です。逆に緊張しているセラピストではお客様が落ち着きません。でも、あまりにも場慣れしすぎてしまうと、お客様の気持ちが見えなくなってしまう危険性もあるなと感じます。常に初心を忘れずに、一期一会の気持ちでお客様に接することが大事なのだと思った一日でした。

それぞれのお客様をいかにリラックスさせるかというのは今後もずっと続く課題だと思います。身体をほぐしにご来店される方、おしゃべりをしてリラックスされたい方、雰囲気を楽しみたい方など色々な方がいますが、それぞれに対応していけたらと考えています。
[PR]
by omatto | 2005-07-20 19:59 | 勉強 | Comments(0)