メダカ誕生

おかげ様で今年もfroに子メダカが誕生しました!

froの化粧室でメダカを飼いはじめて4年・・・。
ほぼ毎年卵を産んでくれて、孵化してくれました。

メダカを飼ったことがある方はご存知かと思いますが、孵化させるのはかなり難しいんです。
親メダカと同じ水槽に入れておくと、親が卵を食べてしまうので、別の水槽に分けます。
そのままだと水カビが発生しやすいので、たくさんの水に水草を入れて水質が悪くならないように気を使います。

それでも、産まれるのは卵10個のうち1個か2個です。
産まれてからも、餌を小さく砕いて、水質を管理していかないと死んでしまいます。

今なら、化粧室の親メダカの水槽の隣に、子メダカの水槽を置いてありますので、見ることができます。

でも、本当に小さいので、目をこらさないと分からないかも知れません。
まだ体が透明なので、餌を食べると、お腹が餌の赤い色になるのが可愛くてなりません。
[PR]
by omatto | 2008-07-04 15:04 | サロン | Comments(0)


<< メガロス吉祥寺 伊勢丹の冷却ミスト >>